ご訪問ありがとうございます♡

備蓄「ローリングストック法」のコツや正しい手順を解説!

備蓄品

いつ起こるかわからない災害や、感染症の拡大による自粛要請に向け、普段から「備蓄」をしておくことはとても大切です。

 

こずえ
りり

災害の度に、店頭から食料品やトイレットペーパーがなくなりますよね。

ママ
ママ

大混雑の中、子連れでの買い物は本当に大変だったなぁ

この記事では、誰でも今すぐに始められる備蓄【ローリングストック法】について、わかりやすくまとめています。

ローリングストック法とは

ローリングストック法とは、食料品や消耗品を日常で消費しながら買い足し、災害時に備える方法のことを指します。

ローリングストック法の手順

①食品や加工品を少し多めに購入する
②使ったら買い足す
こずえ
りり

①と②を繰り返すだけなので、簡単なんです♡

ローリングストック法のコツ

「備蓄」となると、不必要なものを買いだめしないといけない!と思われるかもしれません。

でも、ローリングストック法は、普段使っているものを防災グッズに使いまわすだけなので、余計なものを買い足すことはありません。

コツは【在庫を切らさない】ということだけです。

こずえ
りり

最初に必要な量を確保し、使ったら買い足すことを繰り返すだけ!

自然と備蓄ができるんです♡

ローリングストック法のメリット

ローリングストックを日常生活で取り入れるメリットは、こちらの3点です。

•賞味期限切れの心配が減る
•普段使いのもので備蓄ができる
•いざと言う時に、食べ慣れた味を楽しめる

1つずつ見ていきましょう。

賞味期限切れの心配が減る

保存期間の長い防災食は、商品によって賞味期限がバラバラの場合もあります。

いざというときに「賞味期限が切れてしまっていた!」ということがあっては、せっかくの備えが台無しですよね。

こずえ
りり

ローリングストックであれば、常に新しいものがストックされるので、賞味期限切れを回避することが可能です!

普段使いのもので備蓄ができる

「防災食・非常食」というと、買い揃えるのにまだまだハードルが高い方も多いのではないでしょうか。

ママ
ママ

小さなスーパーには本格的な防災食がそもそも置いてないしなぁ

ローリングストックは、特別なものを買う必要はありません。

食品であれば、賞味期限の長い缶詰・レトルト食品などで代用が可能です!

いざと言う時に、食べ慣れた味を楽しめる

備蓄をしていないママ友に聞いた話ですが、防災食を買わない理由として圧倒的に多かったのが「味への心配」です。

ママ
ママ

非常事態とはいえ、好みの味ではないものを食べるのは、精神的にもツラすぎる!

ローリングストックであれば、家族の好みに合わせたいつもの加工食品やレトルト食品が、そのまま防災食として使えることになります。

こずえ
りり

スーパーで買えるもので、備蓄ができるのが嬉しいですね♡

ローリングストック法で買うべき食料品

ローリングストックに向いている食料品のポイントは4つです。

①常温で保存できるもの
②開封に手間がかからないもの
③そのまま常温でも食べることができるもの
④ある程度は賞味期限が長いもの(できれば1年以上のもの)

災害時は電気・ガス・水道のインフラ設備が使えなくなることも想定されます。

こずえ
りり

封を開けてそのまま食べることが出来る缶詰やレトルト食品は、必ずストックに入れておきましょう。

水は必ず備えるべき

水は水分補給だけでなく、保存食の調理にも必要になります。

状況によっては支援物資が届かず、脱水症状を起こす危険性が高まるので、必ず各自でストックしておきましょう。

こずえ
りり

過去の大きな地震の際には、電気・水道・ガスが長期に渡って止まってしまいました。

ライフラインの復旧までの日数

1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災での、各ライフラインの復旧までの日数は、下記の図のようになっています。

9割程度復旧するまでの日数 東日本大震災 阪神淡路大震災
電気 6日 2日
水道 24日 37日
ガス 34日 61日

これらを見ると、電気が一番早く数日で復旧し、次に水道が、最後にガスが復旧するという順番になっていることがわかります。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

ママ
ママ

断水が続けば、トイレやお風呂もまともに使えなくなるのね。

こずえ
りり

手を洗うなど、衛生的にも必要なので、水は多く備えておくと安心です。

水は大人1人1日2~3Lが必要となります。

最低でも3日分は確保しておきましょう!

子どもがいる家庭におすすめの防災食

意外と役立つのが、お菓子です!

生菓子や冷蔵庫を必要とするお菓子は不向きですが、飴玉やクッキーなどはカロリーもとれるし、甘いものを食べれば子供たちも喜びます。

こずえ
りり

最近では、備蓄用として有名なお菓子の缶詰が販売されているんです。

と言った有名なメーカーのものまであります。

持ち出し袋・子ども用の防災セット・赤ちゃん用の防災セットにも入れておくと安心です。

こずえ
りり

カロリーメイトは大人用にもおすすめです♡

ローリングストック法で何日分を確保すべき?

災害時には、さまざまな所から支援物資が届きます。

しかし、支援物資がすぐに届かないといった事を想定し、最低3日分(できれば1週間分)の水と食料を備えておくことが必要とされています。

そのため、ローリングストック法の場合も、常に「3日分が備蓄としてある状態」にしておくことが理想とされています。

ママ
ママ

3日分って、どうやって決めたら良いの?

こずえ
りり

1種類につき、2〜3個をストックとして確保しておきましょう。

そして、1個使ったら1個買い足すといった方法を使えば、「在庫切れ」状態を回避することが可能です。

「○日分」というと曖昧ですが、「家族の人数×2〜3個」と思えば簡単です。

まとめ

ローリングストックの「コツ」をまとめました。

コツはとにかく「在庫を切らさない」ということ!

①常温で保存できるもの
②開封に手間がかからないもの
③そのまま常温でも食べることができるもの
④ある程度は賞味期限が長いもの(できれば1年以上のもの)

3日分の備えが必要なので、家族と同居をしている方は「家族の人数×2〜3個」を目安にストックを始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました